くっくイメージ

不安を感じたらいつでも”くっく”のドアをノックしてください。保護者の方々といつも一緒に考えていきます。

くっく(児童発達支援事業所)とは、「発達に遅れがある」または「気になる」と言われた就学前のお子さまや発達に凸凹(自閉症スペクトラム、ADHD、LD等)のあるお子さまの療育の場です。
お子さまが今後、家庭でも社会でも自分らしく、充実した生活を送れるよう、お子さまと保護者の方々を支援していきます。
何か起きた時に一緒に考え、悩める環境を提供いたします。

「くっく」では、子育ちの一歩一歩を大切に歩んで行きます

名前の由来

名前の由来

くっくとは、「自律」と「自立」を支える靴を表しており、幼児にとって親しみのある「くっく」としました。人間の基盤をもっとも重視していることを表現しました。

園内の様子

特徴

臨床心理士のスタッフが常駐し、保育士、指導員と共にお子さまの発達を専門的な視点から確認していくことができます。少人数制の母子通園でこまやかにケア。自己肯定感を育みます。

療育のイメージ

療育方針

お子さまの発達段階や個性に合わせて、遊びや活動を通して、1人ひとりのよいところを伸ばすお手伝いをしていきます。日常生活の些細な疑問にも、保護者のみなさまと一緒に考えていきます。

Back to Top